内部SEO対策

内部SEOとは?

内部SEOとは、

検索エンジン上位表示と検索からの集客、収益化を目的に、サイトの内部構造や、htmlタグのソースを検索エンジン用に最適化する作業の事を言います。

昔ほどの効果は望めませんが、検索エンジン上位表示にとって、必要最低限行っておかなければならないものになります。言い換えれば、当然行うべきものということになります。内部SEO対策の代表的なものは以下になります。

  1. TITLEタグ
  2. METAタグ
    METAディスクリプション・METAキーワード
  3. h1タグ
  4. 上位表示目標キーワードの出現頻度
それぞれに関しての注意点及び目安を記しておきます。

1.TITLEタグ

  • 30文字程度
  • 目標キーワードを1回
  • インパクトのある文章

2.METAタグーディスクリプション

  • 100文字~150文字程度
  • 目標キーワードを2回
  • 関連キーワードを複数
  • 分かりやすくインパクトのある文章
  • 電話番号を入れるのも効果的

2.METAタグーキーワード

  • 3つ程度の単語

3.h1タグ

  • 100文字程度
  • 目標キーワードを1回
  • 関連キーワードを複数
  • 分かりやすくインパクトのある文章

4.上位表示目標キーワードの出現頻度

  • 3~5%程度

上記4項目ですが、キーワードによりそれぞれが異なってきますので、実際に目標のキーワードで上位表示されているサイトの状況を調べ、それに合わせるのが有効です。

内部SEO対策サービス

ご自身で充分に行えるものですが、少々手間が掛かってしまいます。弊社の内部SEO対策サービスは、目標キーワードに対して、実際に上位表示されている状況を調査した上で、SEO内部対策の代行サービスを行っています。

  1. 方法が分からない
  2. 面倒でやりたくない
  3. 時間がない
というお客様は・・・

弊社の内部SEO対策サービスを是非ご検討くださいm(_ _)m

内部SEO対策サービスを見に行く

 

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。