複合キーワード対策(ロングテールSEO)

複合キーワード対策(ロングテールSEO)とは?

複合キーワード対策(ロングテールSEO)とは?

要するに・・・

例えば『アパート』といった単体キーワードではない、『アパート 福岡市東区』といった複合のキーワードの対策を行う事をいいます。

『アパート』といった単体キーワードは、上位表示させることが非常に難しく、時間と労力、場合によっては費用が必要になりますし、直接的に販売に繋がるキーワードではないと言われています。いわゆる知りたい情報を調べる為のキーワードというわけです。

それに比べ・・・

『アパート 福岡市東区』といった複合のキーワードは、比較的簡単に費用を掛けることなく上位表示が達成される可能性があり、直接的に販売に繋がりやすいキーワード(購買意欲の高いキーワード)いうことになります。

 

↓ 以下の図をご覧ください ↓

簡単に申し上げますと・・・

上位表示されやすくて、購買意欲の高いキーワードの対策を行うということで、非常に効率がよく、理にかなったネット集客方法ということが言えると思います。

弊社のクライアント様も、この複合キーワード対策(ロングテールSEO)により、さまざまな、購買意欲の高いキーワードで上位表示されて、安定して販売・集客に繋がっております。

ネット集客は簡単です。

インターネットからの集客、ホームページからの集客は、決して難しい事ではありません。正しい方法で、コツコツと努力し続ければ、3ヶ月目ぐらいから徐々に問合せなどが増え、半年もすれば、安定して集客することが出来るようになります。

  まずは、対策するべきキーワードを探し出す

  次に、その見つけ出したキーワード1つ1つの対策を行う

たったこれだけです。

複合キーワード対策サービス

複合キーワード対策は、ご自身で行う事ができますし、ご自身で行うべきものだと私は思います。ですので、複合キーワード対策を行う際の注意点を記しておきます。ご不明な場合は、お気軽にお問合せ下さい。

複合キーワード対策を行う際の注意点

  1. キーワード1つ1つに対して対策を行う事。(欲張ってはダメです)
  2. キーワード1つ1つに対してページを作成してください。(対策キーワードが200コある場合は、200ページです)
  3. 作成するページに文章(いわゆる記事)を書いて行きますが、記事の文字数は最低1000文字以上書いてください。
  4. 記事1000文字の中には、対策キーワードを織り交ぜるように工夫してください。1000文字だとすれば、キーワードの数は5~7回程度でいいと思います。
  5. TITLE、METAキーワード、METAディスクリプション、h1もしっかりと書くようにしてください。
  6. キーワードに対して記事を書くことになりますが、記事のないようは、そのキーワードの検索意図を読み解き書くようにしてください。
  7. 対策ページには、2つ程度画像を入れるようにしてください。

ご自身では難しい場合は・・・

  1. 方法が分からない
  2. 面倒でやりたくない
  3. 時間がない
というお客様は・・・

弊社の複合キーワード対策サービスを是非ご検討くださいm(_ _)m

複合キーワード対策サービスを見に行く

 

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。