SNS上位表示対策(Facebook・Twitter・YouTube・ブログほか)

SNSという言葉もだいぶ浸透して来ました。ソーシャルネットワークサービスというものになりますが、以下の様なものはいわゆるSNSと呼ばれているものです。

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. YouTube
  5. Google+
  6. 無料ブログ
  7. NAVERまとめ
  8. Tik Tok
  9. LINE
  10. その他

こういったSNSは、非常に便利で面白く、また無料で利用ができるので、若者を中心に大変多くの方々が利用されています。今では、ネット検索よりもこういったSNSしか利用しないという方々も現れてきております。

これらのSNSの特徴の1つとして・・・

『上位表示されやすい』ということが言えます。

↓ 以下の画像をご覧下さい ↓

少し前の状態ですが、Googleクロムのシークレットモードで『福岡 ホームページコンサルタント』と検索したTOPページの状態です。1位~6位までを全て私の作成したSNSが独占しています。6/10が私のSNSです。どのSNSもそれほど手を掛けず、作成し、ほぼほったらかし状態です。

流石に今は、上記のような状態ではありませんが、私が作成したGoogleサイトが約 3,810,000 件 中1位に表示されています。

要するに・・・

SNSは利用者が多い為、ドメインパワーが異常に高く、よって上位表示がされやすいと思われます。時間の経過とともにGoogleの上位表示のアルゴイズムは変化しますので、永遠に上位表示されるということは考えにくいと思いますが、経過を観察していますと、時期により、上位表示されたりされなかったりを繰り返しています。

SNSを上位表示されるポイント

ご自身で行えることですので、SNSを上位表示させるポイントを記しておきます。ご参考にされてください。

  1. SNSのタイトルにキーワードを含める(全SNS共通)
    非常に重要な部分になりますので、キーワードを絞り込んで記してください。沢山のキーワードの対策をしたい場合は、沢山のアカウントを取る必要がありますが、一気に沢山のアカウントを開設すると凍結される可能性がありますので、注意して行ってください。
  2. 紹介文・自己紹介などが書き込めるSNSの場合、その中にキーワードを織り込むようにしてください。
  3. Facebookページの場合は、5記事程度を書き、その中にキーワードを織り込んで下さい。
  4. Twitterの場合は、5記事程度を書き、その中にキーワードを織り込んで下さい。
  5. ブログの場合は、800文字程度の記事を書き、その中にキーワードを織り込んで下さい。
  6. YouTubeの場合は、説明を300文字程度書き、その中にキーワードを織り込んで下さい。

SNS上位表示対策の注意点

  1. ダメな場合はダメですので、それほど手を掛けないようにしてください。SNS開設後上位表示出来なかった場合は、別のキーワードで再チャレンジした方がよいです。
  2. 手離れが良くないと、意味がありません。あくまでもメインサイトの補助的なものと考え、あまりSNSに注視しないようにしてください。
  3. SNSのアカウント開設は、基本的に1人1つとなっていますので、複数のアカウントを開設する場合は、時間を空けるなどして工夫してください。一気に行うと直ぐに凍結されてしまいます。
  4. キーワードの選定が重要になります。強豪の多いキーワードはさせて、複合キーワード、特に地域絡みのキーワードが上位表示されやすいです。

SNS上位表示対策サービス

SNS上位表示対策のサービスを行っております。

  1. 方法が分からない
  2. 面倒でやりたくない
  3. 時間がない
というお客様は・・・

弊社のSNS上位表示対策サービスを是非ご検討くださいm(_ _)m

SNS上位表示対策サービスを見に行く

 

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。